水素水は価格が安いので選びやすい【気になる情報をチェック】

目の下の色素沈着が原因

紫外線対策と美白ケア

婦人

どんなにメイクに気を遣っていても、目の下にクマがあるだけで老けた印象になってしまいます。
クマというと寝不足や疲れが原因で目の下が青くなるというイメージが強いですが、実はクマにも様々な種類があり、治し方もそれぞれ異なります。
自分のクマに有効な治し方を知って、すっきりとした美しい目元を手に入れましょう。
クマの中でもなかなか治りにくいのが茶色のクマです。
このタイプは、紫外線の影響や、アトピーや化粧かぶれなどによる色素沈着が主な原因です。
茶色のクマに有効な治し方は紫外線対策と美白ケアです。
毎日、外出する際には日焼け止めを欠かさずに塗り、化粧水などの基礎化粧品は美白用のものを使うと良いでしょう。
アイクリームなどで目の周りを集中的にケアするのもオススメです。
長年の蓄積によってできたものなので即効性のある治し方ではありませんが、諦めずにコツコツと美白ケアを続けていくことで、少しずつクマは薄くなり目立たなくなっていきます。
目の周りを掻いたり、こすったりするのも色素沈着を引き起こす原因となるので、痒みが出やすい方は皮膚科で相談するなど根本から対策をしていきましょう。
また、濃いアイメイクをしていると強力なクレンジング剤を使わなければならなかったり、ゴシゴシと目元を強く擦ってしまいがちです。
茶色のクマを治したい場合は、濃いメイクは避け、薄いナチュラルメイクをして色素沈着が悪化しないように気をつけましょう。

老けた印象を与えない為に

女の人

いつまでも若々しくいたいと考えるのは、多くの女性達の願望です。
しかし年齢を重ねることで肌の老化は進み、老けた印象を与えてしまいます。
特に顔は人の目に付きやすく、老化を自分自身も他の人にも実感させてしまう箇所です。
多くの女性達の美容の悩みとして、挙げられるのが目の下のクマです。
目の下のクマは睡眠不足や不規則な生活によって現れて、顔色が悪く見えてしまいます。
目元は誰もが目につきやすい大切なパーツで、アンチエイジングケアに力を入れておきたい所です。
目元のクマの、治し方について説明します。
目元のクマは血流の低下によって現れる青っぽいものや、肌のたるみが原因の黒っぽいもの色素沈着による茶色っぽいものの3つに分けられます。
治し方はそれぞれ違い青っぽいものについては、血流促進が期待出来るマッサージやツボ押しや目の周囲を温めるなどの方法が効果的です。
黒っぽいものについては目のたるみを目立たせない為に、エイジング用のアイクリームを使用して目元のハリを取り戻すケアが有効です。
茶色っぽいものは崩れてしまったメラニン色素を、体外に効果的に排出させる肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。
日頃の紫外線対策と、美白ケアをおすすめします。
治し方といっても症状によって様々で、自分の今の状態に合わせた対策法を講じることが必要です。
また継続的にケアを行うことで、目立たなくなります。
まずは自分の症状に合わせた治し方を見つけて、ケアを始めてみてはいかがですか。

成分を確認する

ウーマン

シワよりも目の下のクマが気になるという女性が多くなっています。
加齢によるものだったり、単純に寝不足だったりすることもありますが、見た目年齢に繋がってしまい困るはずです。
そんなクマの治し方は化粧品の使い方によってもできることがあります。
例えば、ファンデーションで工夫をしてみましょう。
クマの治し方としてお勧めなのは、色味の濃いファンデーションを使うことです。
特に目の下には濃い目に塗りましょう。
そうすれば目立たなくなるはずです。
その代わり、厚化粧に見えてしまうこともあります。
その点には注意しましょう。
厚化粧がイヤな人はピンポイントで使えるコンシーラーを使ってみるのもいいかもしれません。
ベースとなるファンデーションは薄目に塗り、気になるクマの部分だけコンシーラーを塗ります。
この場合の治し方でも、少し濃い目のコンシーラーを使うことがポイントです。
コンシーラーはシミ隠しにも役立ちます。
それから、ファンデーションでもコンシーラーでも、使う場合には成分に注意しましょう。
配合されている成分によっては使っても効果を得られないことがあるからです。
クマの治し方としてお勧めなのは、ミネラルやビタミン、コラーゲンといった美容成分が配合されている化粧品を使うことです。
これらの美容成分が配合されている化粧水や乳液、美容液などを使用して、継続的にケアをしていけば、クマは徐々に薄くなっていくことでしょう。
これらのスキンケア用品は様々なブランドから販売されているので、ランキングサイトなどで比較をしながら、評価が高い商品を購入しましょう。